金曜日, 7月 26, 2024
ホーム商品サービス日本製にこだわり、焚き火調理に特化したキャンプ用調理ギア『WAQ 焚き火フライパン』が販売開始

日本製にこだわり、焚き火調理に特化したキャンプ用調理ギア『WAQ 焚き火フライパン』が販売開始

焚き火調理を想定した使いやすさがギュッと詰まった、ソロ〜ファミリーでも使える焚き火フライパンを販売開始しました。

アウトドアで人気の「WAQ(ワック)」(WAQ株式会社[代表取締役 佐伯成都])は、キャンプでの食事をワンランクアップさせ、食パンからお肉まで美味しく焼き上げることができる『WAQ 焚き火フライパン』を、6月14日より公式オンラインストアにて発売を開始いたしました。

本製品は、大阪八尾市の藤田金属株式会社に製造を依頼した、キャンプでの使用に最適で「ガス火やIHでの使用が可能」「食材をふっくら焼き上げることのできる高い熱伝導率と保温性」が特徴なハードテンパー加工を採用した焚き火用フライパンです。
プレート部分とハンドル部分を分離できるため、重ね収納ができるのはもちろんのこと、シーンに応じて調理用にしたり、お皿のように食卓に並べたりと使い分けることができ、使用後のお手入れも簡単です。

■製品ポイント■

日本製にこだわり、焚き火調理に特化したキャンプ用調理ギア『WAQ 焚き火フライパン』が販売開始のサブ画像1

【Point1】食材をふっくら焼き上げる。高い熱伝導率と保温性

日本製にこだわり、焚き火調理に特化したキャンプ用調理ギア『WAQ 焚き火フライパン』が販売開始のサブ画像2

高い熱伝導率と保温性を備えた鉄製のフライパンだからこそ、食材を美味しくふっくら焼き上げる事ができます。食パンも外はカリカリ、中はふわふわ、キャンプでの朝食が楽しみになります。

【Point2】焚き火以外にもガス火やIHで使用可能

日本製にこだわり、焚き火調理に特化したキャンプ用調理ギア『WAQ 焚き火フライパン』が販売開始のサブ画像3

キャンプでの焚き火やお家のガス火はもちろんですが、IHにも対応している万能フライパンです。鉄製フライパンならではの”美味しい焼き上がり”をご家庭でもお楽しみいただけます。

【Point3】油なしが不要なハードテンパー加工を採用

日本製にこだわり、焚き火調理に特化したキャンプ用調理ギア『WAQ 焚き火フライパン』が販売開始のサブ画像4

藤田金属独自のハードデンパー加工(焼き付け加工)を施しているため、使い始めの「油ならし」が不要。焦げ付きにくく、サビにくく手軽に美味しく調理できる鉄フライパンです。

【Point4】持ちやすい六角形の取手は取り外しが可能

日本製にこだわり、焚き火調理に特化したキャンプ用調理ギア『WAQ 焚き火フライパン』が販売開始のサブ画像5

収納時に気になる取手部分も取り外す事ができるので、通常のフライパンよりもコンパクトに収納可能。六角形型で握りやすく、フライパンとして使いたい時だけ取り付ければOKです。

【Point5】フライパンとしてだけじゃなく大皿としても使用可能

日本製にこだわり、焚き火調理に特化したキャンプ用調理ギア『WAQ 焚き火フライパン』が販売開始のサブ画像6

取手を取り外せば、そのまま大皿として食卓に提供できます。熱々の食材は熱々のまま、すぐに食べたい!そんな

欲求を満たしてくれる調理道具です。

製品概要

焚き火フライパン

日本製にこだわり、焚き火調理に特化したキャンプ用調理ギア『WAQ 焚き火フライパン』が販売開始のサブ画像7

重さ:フライパン本体(約)652(g)  木製ハンドル(約)152(g)
使用時サイズ:直径(約)24.5(cm)  板厚(約)1.6(mm)
販売元:WAQ株式会社
生産国:日本
価格:6,300円(税込)
発売日:2023年6月14日
販売サイト:WAQ Online(公式サイト)

URL:https://waq-online.com/products/waq-fktf1

順次展開予定ストア:Amazon、Yahoo!ショッピング、楽天市場

ブランド概要

『WAQ』(ワック)/アウトドアブランド

日本製にこだわり、焚き火調理に特化したキャンプ用調理ギア『WAQ 焚き火フライパン』が販売開始のサブ画像8

「アウトドアを通じて人生にわくわくを。」
日々の喧騒から離れ、自分だけの時間を存分に楽しむソロキャンプや、
家族との大切な時間を過ごすファミリーキャンプまで。

十人十色のキャンプスタイルに寄り添い、あなただけのワクワクする
アウトドアライフをWAQはお手伝いします。

藤田金属株式会社

HP:http://www.fujita-kinzoku.jp/

藤田金属では、4代目社長を含む三人兄弟が、金型製造から製品加工、そして販売まで。すべての工程を一貫して行っています。普段からコミュニケーションを取り合える小さな工場だからこそ日常を楽しくする革新的なものづくりを可能にします。

RELATED ARTICLES

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

Most Popular

Recent Comments