金曜日, 7月 26, 2024
ホームイベント真夏に天然雪で遊ぶ【ららぽーと海⽼名 presents 雪でアソビナ】が7月27⽇に開催

真夏に天然雪で遊ぶ【ららぽーと海⽼名 presents 雪でアソビナ】が7月27⽇に開催

真夏の海老名に天然雪がやってくる!

株式会社MoVeが企画・運営する、新潟県長岡市山古志から天然雪を神奈川県海老名に運び込み、子どもたちに遊んでもらうイベント【ららぽーと海老名 presents 雪でアソビナ】が2024年7月27日(土)に三井ショッピングパーク ららぽーと海老名の主催により開催することが決定しました。

真夏に天然雪で遊ぶ【ららぽーと海⽼名 presents 雪でアソビナ】が7月27⽇に開催のサブ画像1

今年で10年を迎える本イベントは、ららぽーと海老名に隣接する海老名駅西口中心広場に約50tもの天然雪を運び込み、子どもたちに雪に触れて楽しんでもらうという、夏の海老名市の恒例となっているイベントです。

真夏の猛暑の中、雪上で涼しく快適に遊ぶことができるスペースを提供します。

真夏に天然雪で遊ぶ【ららぽーと海⽼名 presents 雪でアソビナ】が7月27⽇に開催のサブ画像2

*昨年のイベント模様

  • ららぽーと海老名 presents 雪でアソビナ 開催概要

  日      時 :2024年7月27日(土)*荒天中止 

      10:00~16:00

  料      金 :入場無料

  会      場 :海老名駅西口中心広場

  主  催 :三井ショッピングパーク ららぽーと海老名

  後      援 :海老名市、海老名市教育委員会、一般社団法人海老名扇町エリアマネジメント

  協  力 :株式会社SnowBiz、XGLOO(エックスグローテント)、長岡技術科学大学 雪氷工学研究室、有限会社カツミ商会、有限会社堅昇土建、有限会社昇華園、コカ・コーラ ボトラーズジャパン株式会社、小田急電鉄株式会社、influenza gogo、グルービー合同会社

  企画運営 :株式会社MoVe

  • 天然雪はどこからやってくるのか

真夏に天然雪で遊ぶ【ららぽーと海⽼名 presents 雪でアソビナ】が7月27⽇に開催のサブ画像3

ららぽーと海老名 presents 雪でアソビナにやってくる雪は、豪雪地域である新潟県長岡市山古志に2023-2024シーズンに降り積もった雪になります。冬のうちに1箇所に集められた雪は、適切な量のウッドチップをかけることで、電力を使わずに長期間にわたり保存することが可能となる、古来からの知恵と現代の技術を用いて保管されています。(夏には30℃を超える日が続く地域ですが保存をすることが可能となっております)

そして、その雪は降ったばかりの雪を集めることで、凍結防止剤などが混じっていることもなく綺麗な雪のまま保存されており、安心して遊ぶことができます。

その方法を使って保存をしていた雪をイベント前日に詰め込み輸送します。その距離はおよそ250km。

いままで雪国で捨てられていた雪が、保存することで真夏には資源として多くの人々を喜ばせていく。

雪でアソビナはエコで学びのある日本の資源を使った取り組みを、雪国の方々とともに10年間進めてまいりました。

*監修:株式会社SnowBiz

真夏に天然雪で遊ぶ【ららぽーと海⽼名 presents 雪でアソビナ】が7月27⽇に開催のサブ画像4

<<雪の監修 伊藤親臣  プロフィール>>

株式会社SnowBiz代表取締役。1971年愛知県出身。室蘭工業大学大学院工学研究科博士後期課程修了。工学博士。“雪のエンジニア”として世界初となる雪冷房の学校、お米を貯蔵する雪冷蔵倉庫などの「利雪」に取り組む。雪を活用して雪国を元気にすることをライフワークにしている。魚沼市利雪アドバイザー、にいがた雪室ブランド事業協同組合(越後雪室屋)顧問
著書『空から宝ものが降ってきた! 雪の力で未来をひらく』 <厚生労働省・社会保障審議会 推薦図書>

先日まで在籍された公益財団法人 雪だるま財団では平成16年度、新エネ大賞・経済産業大臣賞、地球温暖化防止活動環境大臣表彰受賞。平成25年度地域づくり総務大臣表彰受賞。

イベントコンテンツ ※内容は予告無く中止・変更となる場合がございます。

  • 1,雪の広場

昨年に引き続き、雪でアソビナ史上最大となる雪の広場が海老名駅前に出現

真夏に天然雪で遊ぶ【ららぽーと海⽼名 presents 雪でアソビナ】が7月27⽇に開催のサブ画像5

※画像は昨年のものとなります。

  • 2,ソリゲレンデ

雪遊びと言ったらソリ。特設のスロープを設置し、初めてのお子様でも安全にソリ遊びができます。

真夏に天然雪で遊ぶ【ららぽーと海⽼名 presents 雪でアソビナ】が7月27⽇に開催のサブ画像6

※画像は昨年のものとなります。

  • 3,雪冷房の設置

長岡技術科学大学 雪氷工学研究室と株式会社SnowBizの協力により、特設テント内に雪冷房装置の雪風君BIGを設置します。

雪風君BIGとは、雪で冷たい空気を作るエアコンで、電力の消費が少ない自然に優しい冷房です。

テント提供 : XGLOO(エックスグローテント)

真夏に天然雪で遊ぶ【ららぽーと海⽼名 presents 雪でアソビナ】が7月27⽇に開催のサブ画像7

※画像は昨年のものとなります。

  • 4,ブースエリア

ブースエリアには協賛企業各社と、ららぽーと海老名の出店店舗のブースが並び、商品の体験コーナーやワークショップ、ウインターリゾートのプロモーション、抽選会などが展開されます。

真夏に天然雪で遊ぶ【ららぽーと海⽼名 presents 雪でアソビナ】が7月27⽇に開催のサブ画像8

※画像は昨年のものとなります。

  • 雪でアソビナとは 〜雪で遊ぶことの楽しさを多くの子どもたちに伝えたい〜

真夏に天然雪で遊ぶ【ららぽーと海⽼名 presents 雪でアソビナ】が7月27⽇に開催のサブ画像9

今回で10年となる雪でアソビナは、夏に「雪で遊ぶ」という非日常を体験することで、アクティブファミリー層に対してソトで遊ぶことの楽しさを伝え、より多くの人々にウインタースポーツを含めたレジャーに興味を持っていただくことを目的としたイベントです。

2014年から2018年まではえびな市民まつりのコンテンツの1つとして、2019年からは三井ショッピングパーク ららぽーと海老名の協力により海老名駅西口にて開催をしております。

日本は国土の50%以上が豪雪地域に指定されている雪国です。

その日本に降り積もる雪はウインタースポーツをするのに最適な雪質であり、外国のスノーフリークの人々からはJAPOWと呼ばれ、その雪を目当てに今では多くの外国人観光客が日本のスノーリゾートを訪れております。

また、日本人に密接な雪は、昔からエネルギーとしても重宝され、年間を通して活用されてきました。 その冷蔵庫的な役割をしている施設は「雪室」と呼ばれています。 雪室の中は湿度や温度が安定していることで、品質管理だけではなく、食品が熟成することで美味しさが増す効果もあるなど、いま多くの注目を集めています。

そんな日本が世界に誇る大切な資源である雪は、30年くらい前までは首都圏にも定期的に降っていました。

雪が降れば子どもたちは外で雪遊びをして、転がり回って、冬の楽しさを感じて、そしてウインターリゾートに行ってみたくなる。

しかし昨今、気候変動などの影響で、降り積もるような降雪は2014年を最後になくなってしまっており、雪は首都圏の人からは珍しいものとなってしまっております。

そこで、本イベントが子どもたちに雪で遊ぶことの楽しさを感じてもらい、自分たちがスノーリゾートから車で数時間で行ける場所に住んでいるということを認識してもらうきっかけになれればと考えております。

真夏に天然雪で遊ぶ。

雪でアソビナは雪国でも味わえない経験を体験することができます。

  • 前日開催

第17回 雪の市民会議 in 海老名

〜雪をマナビナ、雪でムスビナ〜

雪でアソビナ前日には、【第17回 雪の市民会議 in 海老名】が開催。

第7回、14回開催の東京農業大学を除くと雪国以外では初の開催となる雪の市民会議。

雪がもたらす恵みを知る方々による知られざる雪が持つ可能性のお話をぜひ聞きに来てください。

*要事前申込み

詳細は:https://yukishimin.jimdofree.com

-雪の市民会議とは-

雪の市民会議とは雪国に暮らしている人たちが、様々な交流・活動を通じ、「雪国の未来を考える」会議が雪の市民会議です。平成18 年7 月に第1回会議を新潟県上越市において開催し、年に1回、夏頃に雪国市民が集い「自然」「利雪」「教育」「まちづくり」「雪自慢」など、様々な視点から情報交換と情報発信を行っております。

RELATED ARTICLES

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

Most Popular

Recent Comments