金曜日, 7月 26, 2024
ホームイベントTRIUMPH x White Mountaineering - 伝統と革新のバイクと、ファッションの融合

TRIUMPH x White Mountaineering – 伝統と革新のバイクと、ファッションの融合

スペシャルコラボレーションバイクがついに完成!

トライアンフ モーターサイクルズ ジャパン株式会社(本社:東京都港区海岸 代表取締役社長:大貫陽介)は、ファッションブランド「White Mountaineering(ホワイトマウンテニアリング)」と制作したコラボレーションカスタムバイクがついに完成し、アウトドアの祭典『TOKYO OUTDOOR SHOW2024』にて一般公開することをお伝えします。

6月28・29・30日は幕張メッセへ!

TRIUMPH x White Mountaineering - 伝統と革新のバイクと、ファッションの融合のサブ画像1

『TRIUMPH x White Mountaineering – 伝統と革新のバイクと、ファッションの融合』 

この共同プロジェクトは、2024年1月に同社初の400ccモデル 「Speed 400」と「Scrambler 400 X」をアンベールした際に一大トピックとしてアナウンスした、業界にとって類を見ないスペシャルなコラボレーションとなります。 

“洋服を着るフィールドはすべてアウトドア” をコンセプトに、機能素材やアウトドアギアをファッションの領域へ落とし込み、パリコレクションを始め世界中のセレクトショップや専門店で取り扱われる人気ファッションブランド「White Mountaineering」のデザインフィロソフィーを、トライアンフの新モデルである「Scrambler 400 X」の車体に落とし込んで、あらゆるシーンで、よりスタイリッシュに、そして快適に乗ることが出来るバイクとして完成しました。 

トライアンフが培ってきた伝統的なデザイン、Scrambler 400 Xが持つ軽快なスピード感や乗り心地といった性能、そこにWhite Mountaineeringの世界観という3つのエレメントが加わり、これまでのバイク業界にはなかった新しいデザインになりました。 

この記念すべきコラボレーションカスタムバイクを、来たる6月28日より開催される『TOKYO OUTDOOR SHOW2024』(幕張メッセ)にて初披露、一般公開されます。 

この週末は是非、幕張メッセへ足をお運びください。 

 

【TRIUMPH x White Mountaineering スペシャルコラボレーションバイク一般公開日程】

会期:

2024年6月28日(金)14:00〜18:00 特別一般公開 

2024年6月29日(土)10:00〜18:00 一般公開 

2024年6月30日(日)10:00〜17:00 一般公開 

 

会場:『TOKYO OUTDOOR SHOW2024』 

〒261-8550     千葉県千葉市美浜区中瀬2丁目1 幕張メッセ展示場 展示ホール9・10・11 

JR京葉線「海浜幕張駅」下車 

 

入場方法:TOKYO OUTDOOR SHOW2024のホームページより「チケット」をご購入ください 

ご購入はこちらから 

https://2024.tokyooutdoorshow.jp/ticket2024 

 

ABOUT White Mountaineering
多摩美術大学染織科を卒業後、コムデギャルソンを経て、デザイナーの相澤陽介が2006年AWシーズンからスタートしたブランド。「服を着るフィールドは全てアウトドア」をコンセプトに、デザイン、実用性、技術の3つの要素を1つの形にし、市場には屈しない姿勢でのものづくりを掲げる。コレクションラインのほかに、ブラックをベースとしたソリッドなアイテムを提案するBLK(ビーエルケー)、休息を意味する“Repose”をテーマにした、Repose Wear(リポーズ ウェア)などを展開する。 

White Mountaineering ホームページ 
https://whitemountaineering.com/ 

 

——- END ——

 

トライアンフについて

•     1902年に設立されたトライアンフ モーターサイクルズは、オートバイ製造を開始して2022年で120年周年を迎えました。トライアンフモーターサイクルズは30年以上にわたり、レスターシャー州ヒンクレーに拠点を置き、本物のデザインと個性、カリスマ性、パフォーマンスが完璧に調和したアイコニックなバイクを生産し続けています。

•     トライアンフは英国最大のオートバイメーカーで、2023年度の生産台数は84,824台*以上、世界に約800店舗のディーラー網を展開しています(*自社調べ)。

•     当社のこだわり、革新性、そしてエンジニアリングにかける情熱が、魅力的なSpeed Triple 1200 RR、Tiger Sport 660、Trident 660、大陸横断用の新型Tiger 1200とTiger 900、世界をリードするRocket 3 RとGT、ハイパフォーマンスが特徴の新型Street Triple 765、象徴的なScrambler 1200、そして2021年にアップデートされた伝説的なBonnevilleファミリー(T100、T120、Speedmaster、 Bobber、Thruxton RS、Speed Twin 900、Speed Twin 1200、Scrambler 900、scrambler 1200)、そして魅力的なクロームコレクションなど 幅広いラインナップのバイクを生み出しました。

•     トライアンフは現在、世界中に約3,000人の従業員を擁し、英国、北米、フランス、ドイツ、スペイン、イタリア、日本、スウェーデン(スカンジナビア)、ベネルクス、ブラジル、インド、中国、タイに子会社を、さらに独立系ディストリビューターのネットワークを有しています。さらにレスターシャー州ヒンクレーとタイに製造工場を構え、ブラジルとインドにもCKD工場を保有しています。

•     Bonnevilleは、Triumphが1956年に米国・ユタ州のボンネビル・ソルトフラッツで記録した最高速を記念して名づけられました。このバイクは、イギリス製スーパーバイクのルーツであり、その伝説的なハンドリング、スタイル、個性で往年の名バイカーたちに選ばれ、数々のレースで勝利を収めてきました。近年の新型Bonnevilleファミリーは、性能、能力、スタイルがさらに向上し、ハンドリング、個性、象徴的なルックス、そしてライダーを重視した最新テクノロジーが、真のモダンクラシックとして選ばれています。

•     Triumphには輝かしいレースの歴史があり、モーターサイクルスポーツのほとんどすべてのクラスと分野でレースに参戦し、勝利を収めてきました。1908年の第2回マン島TTレースで優勝を飾り、1960年代のヨーロッパとアメリカにおけるロードとサーキットの制覇、そして近年のレースでは、2014年と2015年のトライアンフの675cc 3気筒エンジンによるスーパースポーツタイトルの獲得やワールドスーパースポーツのレース、2014年と2019年にはゲイリー・ジョンソンとピーター・ヒックマンがマン島スーパースポーツTTで優勝し、2023年にはTriumph STR765を駆ってピーター・ヒックマンが平均時速130マイルを超え、2022年にはStreet Triple 765を駆ってブランドン・パシュが伝説のデイトナ200のラストラップでスリリングな勝利を収めるなど、偉業を成し遂げてきました。

•     2019年シーズンの開幕以降、FIM Moto2™世界選手権への独占的エンジンサプライヤーとして、トライアンフのレーシング伝説は今なお続いています。トライアンフ モーターサイクルズは出場全チームにレース専用チューンを施した765cc 3気筒エンジンを供給。
記録を次々と塗り替えた初年度の2020年シーズンでは、史上初となる最高時速300km/hを記録したMoto2™を含め、11個の歴代ラップレコードを更新、15レースで7人の優勝者を輩出しました。
このような素晴らしい成功、ライダーやチームのフィードバックやパートナーシップ、そして世界中のTriumphファンからの素晴らしい反響を受けて、TriumphとDornaは2021年に提携を延長、2022年から2024年までさらに3年間のレース契約を結ぶことを決定しました。
2022~2024年、Triumphの765cc三気筒エンジンは、これまでに73回のレース記録とラップ記録を達成、21人のライダーがMoto2™レースで優勝しました。シーズン初の最高速度300km/hをも記録し、2023年イタリアGPの予選では、チェレスティーノ・ヴィエッティとダレン・ビンダーがMoto2™史上最高となる最高速度301.6km/hを記録しました。Triumphの765cc三気筒エンジンは、100万kmを超えるレースを走り抜き、エンジンの卓越した性能と信頼性を証明してきました。

•     トライアンフのレース活動は2022年に、ファクトリーサポートのレースチームであるDynavolt Triumphが世界スーパースポーツ選手権に参戦し、ワールドスーパーバイクのパドックに復帰することでさらに強化されます。

•     2021年、Triumphはモトクロスとエンデューロの世界へ参入し、モトクロスとエンデューロの両シリーズでトップレベルのチャンピオンシップレースに参戦することを発表しました。

•     2022年、Triumphは、屈指の経験と成功を収めているチームオーナー、ティエリー・チザット-スゾーニ氏とのパートナーシップを発表しました。チザット-スゾーニ氏は、2024年のMX2クラスにTriumphの新型250cc 4ストロークMXバイク2台を投入し、2025年には450cc MXGPクラスへの参戦を追加する予定です。

また、チーム代表のボビー・ヒューイット、チームマネージャーのスティーブン・スクーバ・ウェストフォールとともに、2024年のスーパーモトクロス世界選手権には新型Triumph 250cc 4ストロークMXバイクを投入します。スーパーモトクロス世界選手権は、モンスターエナジースーパークロス世界選手権とプロモトクロス選手権から構成され、シーズン最終戦はスーパーモトクロスが3戦開催されます。2025年シーズン、Triumphはスーパーモトクロスワールドチャンピオンシップに450ccの新型バイクを追加投入する予定です。

•     2023年、Triumphは「24時間バイクで走った最長距離(個人)」のギネス世界記録™を正式に獲得しました。工場から出荷された標準仕様のTiger 1200 GT Explorerを駆り、5度のエンデューロ世界チャンピオンかつ、Triumphグローバルアンバサダーでもあるイバン・セルバンテスがイタリアのナルドテクニカルセンターにあるハイスピードリングで、24時間で4012kmを走りきり、これまでの記録3406kmに600km以上の大差をつけました。

お客様お問合せ先
トライアンフコール
:TEL 03-6809-5233
トライアンフ WEBSITEhttp://www.triumphmotorcycles.jp/

RELATED ARTICLES

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

Most Popular

Recent Comments