木曜日, 7月 25, 2024
ホーム商品サービス持ち運べる大口径。口径185mmの3枚玉ED屈折鏡筒,Askar「185APO鏡筒」、185APO鏡筒専用1.0xフラットナー/0.8xレデューサー発売

持ち運べる大口径。口径185mmの3枚玉ED屈折鏡筒,Askar「185APO鏡筒」、185APO鏡筒専用1.0xフラットナー/0.8xレデューサー発売

株式会社サイトロンジャパン(本社:東京都新宿区、代表取締役:渡邉晃)は、Jiaxing Ruixing Optical Instrument社の天体望遠鏡ブランドAskarの新製品「185APO鏡筒」、「185APO専用1.0xフラットナー」、「185APO専用0.8xレデューサー」を2024年6月14日に発売いたします。この商品は受注生産品となります。

■発売概要

商品名:185APO鏡筒

JAN:4541607782112

予想市場価格:税込970,000円前後

商品名:185APO専用1.0xフラットナー

JAN:4541607782136

予想市場価格:税込60,000円前後

商品名:185APO専用0.8xレデューサー

JAN:4541607782129

予想市場価格:税込60,000円前後

希望小売価格:すべてオープン価格

発売日:2024年6月14日(金)

※予想市場価格は、あくまで当社が予想する価格であり実際の販売価格とは異なります。

※185APO鏡筒、フラットナー、レデューサーは受注生産品です。ご注文から納品までお時間を頂きます。

185APO鏡筒

「持ち運べる」大口径屈折望遠鏡

  • Askar185APOは大口径185mm、焦点距離1295mmの3群3枚の対物レンズを搭載したEDアポクロマート屈折鏡筒です。

  • 3枚のレンズのうち1枚にEDレンズを使用することで色収差を良好に補正。肉眼での観測と写真撮影の両方で極めて高い性能を発揮します。

  • バンドとプレートを含めた質量はわずか17.2kgです。鏡筒伸縮装置と伸縮式フードを採用したことにより、質量・サイズともに口径185mmの鏡筒としては軽量でコンパクトな仕様になっています。

  • 従来、このクラスの屈折望遠鏡は、その大きさと重さのために持ち運びが難しく、天文台など特別な施設でしか運用できないものと考えられてきました。しかしAskar 185APOであれば、観測地まで持ち運んで個人で使用することも可能です。

  • 別売の1.0xフラットナー、0.8xレデューサーを使用することで、フルサイズまでのイメージサークルを持つアストログラフとしても使用可能です。

鏡筒伸縮装置を採用した軽量コンパクト設計

  • 接眼部とフードに伸縮装置が備わっており、収納時の最小全長は1081mmとなりますのでコンパクトに収納が可能です。

  • 伸縮装置には手で簡単にロックの切り替えができるようにハンドルがついています。

  • ドローチューブは約99mm、伸縮装置は約95mmまでそれぞれ伸ばすことができ、市販されている多くのアイピースやカメラ、周辺機器でピントを合わせることができます。

  • 双眼装置のような長い光路長を必要とするアクセサリーの使用時には、伸縮装置を縮めることで簡単に必要な光路長を確保することができます。

  • 大型の3.5インチ径ドローチューブが標準装備されており、鏡筒を縮めた状態でも対物レンズからの光がケラレないように設計されています。

充実した装備

  • フォーカサーはデュアルスピードラックアンドピニオンタイプを搭載し、正確なピント合わせが可能です。

  • なめらかな360°視野回転装置が標準装備されています。

  • ファインダー台座は左右に2つ装備されています。

  • 鏡筒ハンドル部分にも34mm幅のファインダーアリガタを取り付けられる溝が用意されています。

  • 運搬や保管に便利なハードケースが付属しています。

■主な仕様

185APO鏡筒

口径:185mm

焦点距離:1295mm

口径比:F7

光学系:3群3枚(うちEDレンズ1枚使用)

全長:約1081mm(フード収納・伸縮装置非展開時)

約1222mm(フード展開・伸縮装置非展開時)

フード外径:φ207mm

鏡筒外径:φ185mm

質量:約17.2kg(バンド・プレート込み)

185APO専用1.0xフラットナー

フルサイズ対応のフラットナー

  • 185APO鏡筒に取り付けることで、焦点距離は変えずにフルサイズのイメージセンサーに対応したφ44mmイメージサークルを得ることができる185APO専用の補正レンズです。

  • 185APOの鏡筒後端の回転装置にねじ込みで接続するため脱落の心配が少なく、重いカメラでも光軸のずれや傾きを気にすることなく使用可能です。

フィルターの取り付けに対応

  • アダプター内部にM48×0.75mmのフィルターをねじ込んで固定することができます。

■主な仕様 

185APO専用1.0xフラットナー

光学系:3群3枚

質量:約740g

バックフォーカス:55mm(M48アダプター後端から)

73mm(M54アダプター後端から)

117mm(M68アダプター後端から)

カメラ取付け:M48×0.75mm/M54×P0.75/M68×P1

185APO専用0.8xレデューサー

フルサイズ対応のレデューサー

  • 185APO鏡筒に取り付けることで、焦点距離を0.8倍の1036mm(F5.6)に短縮し、フルサイズのイメージセンサーに対応したφ44mmイメージサークルを得ることができる185APO専用の補正レンズです。

  • 185APOの鏡筒後端の回転装置にねじ込みで接続するため脱落の心配が少なく、重いカメラでも光軸のずれや傾きを気にすることなく使用可能です。

フィルターの取り付けに対応

  • アダプター内部にM48×0.75mmのフィルターをねじ込んで固定することができます。

■主な仕様

185APO専用0.8xレデューサー

光学系:4群4枚

質量:約950g

バックフォーカス:55mm(M48アダプター後端から)

73mm(M54アダプター後端から)

79.5mm(M68アダプター後端から)

カメラ取付け:M48×0.75mm/M54×P0.75/M68×P1

【製品についてのお問合せ】

株式会社サイトロンジャパン

国内営業部 TEL:03-6908-3327

※記載されている会社名、商品名は各社の商標または登録商標です。

※本リリースに記載の商品は天体望遠鏡専門店およびサイトロンジャパン直営店のみでの取扱となります。

株式会社サイトロンジャパン

株式会社サイトロンジャパン

双眼鏡や天体撮影カメラ等の光学製品を製造・販売する光学メーカーです。海外製の交換レンズブランドや、世界最大の天体望遠鏡メーカーなどの国内代理店業務も行っています。

ホームページ
https://www.sightron.co.jp

RELATED ARTICLES

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

Most Popular

Recent Comments