木曜日, 4月 18, 2024
ホーム未分類アークテリクス史上最大規模のブランド・エクスペリエンスイベント 名称決定「ARC’TERYX MUSEUM」

アークテリクス史上最大規模のブランド・エクスペリエンスイベント 名称決定「ARC’TERYX MUSEUM」

アークテリクス史上最大規模のブランド・エクスペリエンスイベント 名称決定「ARC’TERYX MUSEUM」 | アメアスポーツジャパン株式会社のプレスリリースhttps://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000006.000104427.html“/>https://prcdn.freetls.fastly.net/release_image/104427/6/104427-6-078a42cc8984d59d294acb7422ccd858-1920×1080.jpg?format=jpeg&auto=webp&fit=bounds&width=1200&height=630“/>

プレスリリース・ニュースリリース配信サービスのPR TIMES

  • Top
  • テクノロジー
  • モバイル
  • アプリ
  • エンタメ
  • ビューティー
  • ファッション
  • ライフスタイル
  • ビジネス
  • グルメ
  • スポーツ

PR TIMESのご利用について

資料をダウンロード

https://prtimes.jp/data/corp/104427/logo/pc-f084505b636c67919698bfd74e664874-f2372714277ccc04d6502d149e28f00a.png” alt=”” class=”css-1ias2o0″/>

アメアスポーツジャパン株式会社


会社概要

アークテリクス史上最大規模のブランド・エクスペリエンスイベント 名称決定「ARC’TERYX MUSEUM」

アークテリクス史上、最大規模で実施される「ARC’TERYX MUSEUM」は、ブランドパーパスである「LEAVE IT BETTER」をテーマに開催する、初のブランド・エクスペリエンスイベントです。

2023年11月に行われた、ブランド初となるプロダクトアーカイブの展示イベント「ARC’HIVES」では、 40点に及ぶ個人所蔵のアークテリクス製品とエピソードと共に、技術の進化と製品の耐久性を多くのお客様にご覧いただきました。

今回のイベントでも、アークテリクスにゆかりのある方々からお借りする製品と、それにまつわるストーリーの展示のほか、 2024年1月に一般のお客様から募集・お借りした、90年代~現代までの貴重なアーカイブを、前回の「ARC’HIVES」をさらに上回る規模で展示予定です。

この「ARC‘HIVES」スペースを含め、3フロアにわたり、カナダブランドの世界感とアークテリクスのブランド哲学を感じていただけるコンテンツをご用意し、みなさまのご来場をお待ちしております。どうぞご期待ください。

  • コンテンツ概要

展示会場は3フロアに分かれており、様々な角度から「LEAVE IT BETTER」を体験いただけます。コンテンツは3階より、ブランドの世界観を伝える「Who We Are」のエリア、プロダクトの進化を伝える「Innovation」のエリア、そして、プロダクトのLongevityやユーザーとARC’TERYXのストーリーを伝える「ARC’HIVES / ReBIRD™」エリアと構成しております。

Who We Are

カナダ・バンクーバーで生まれたアークテリクスのブランド世界観を、ブランドスタッフのナビゲートと映像インスタレーションによって体験いただきます。

Product Innovation

常に進化を続けるアークテリクスの数々のプロダクトの中から、エポックメイキングな3つのプロダクトをセレクト。開発当時の貴重な資料や、プロダクトの解剖をコンセプトとした映像で、そのイノベーションの変遷をご覧いただきます。

ARC’HIVES

ARC’TERYXコミュニティのみなさまからお借りした膨大な量の アーカイブコレクションを一同に展示。それぞれの視点で世界を変えたエピソードとともに、ご覧いただきます。

ReBIRD™

デザインの力で循環を促す仕組みReBIRD™プログラムを紹介。一部店舗で展開中のReBIRD™カウンターをイメージしたスペースで、アップサイクルアイテムを制作するワークショップも開催する予定です。

  • ARC’TERYX MUSEUMイベント概要

開催期間    :2024年4月20日(土)~ 5月5日(日)

入場料金    :無料 

開催場所    :東京都渋谷区神宮前6丁目14-2(キャットストリート沿いに位置しています。)

詳細はこちら:https://museum.arcteryx.jp/

  • 2023年11月開催「ARC‘HIVES」の概要

アークテリクスブランド初となるアーカイブ展示イベント「ARC‘HIVES(アーカイブス)」では、アークテリクスから1998年に最初に発売されたシェルジャケットシリーズの「THETA AR JACKET(シータ AR ジャケット)」などを纏った40体のマネキンを展示。歴代のシェルジャケットなどを集めることで、ブランドの歴史や、技術の進化を見ていただき、アークテリクスのクラフトマンシップとプロダクトのlongevity(ロンジビティ)を体感いただきました。

展示動画:https://youtu.be/g1miDW2MctA

  • 会社概要

会社名

アメアスポーツジャパン株式会社 AMER SPORTS JAPAN, INC

本社本拠地

〒160-0022 東京都新宿区新宿6丁目27番30号 新宿イーストサイドスクエア 6F

代表取締役

 Sean Hillier(ショーン・ヒリアー)

アークテリクスは1989年にカナダ西部ブリティシュコロンビア州・バンクーバーで誕生した。太平洋沿岸部に広がる『コーストマウンテン』と呼ばれる急峻な山岳地帯まで、車で約1時間。日常の中にアウトドア・アクティビティが自然に溶け込んだこの街で、クライミングギアを製造販売するガレージブランド『ロックソリッド』としてスタート。

1991年には、熱成型3Dフォームを活かした「Vapor Harness」を発売するとともに、生物の進化の歴史で最初に

空を舞った鳥とされる『始祖鳥』をモチーフに、社名をARC’TERYX(アークテリクス)に変更した。製品は常に「デザイン フロム スクラッチ」から創り出すという哲学に基づき、『コーストマウンテン』の豊かで厳しい環境の下で培われた技術や経験を基盤に、「デザイン・クラフトマンシップ・パフォーマンス」に拘り、業界の常識を再定義する技術革新を続けながら、最高のパフォーマンスを発揮する最高品質の製品を生み出し、アウトドアプロダクトの進化をリードし続けている。

WHAT ARC’TERYX IS

https://arcteryx.jp/pages/whoweare/

ー 公式SNS ー

HP        :https://arcteryx.jp/

Instagram   :https://www.instagram.com/arcteryx_jp/

YouTube    :https://www.youtube.com/arcteryxjapan

Facebook   :https://www.facebook.com/ARCTERYXJP/

RELATED ARTICLES

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

Most Popular

Recent Comments