土曜日, 12月 10, 2022
ホーム商品サービス「アウトドア×ビジネス」を美しくまとめ上げた、これまでにないデイパックをリリース

「アウトドア×ビジネス」を美しくまとめ上げた、これまでにないデイパックをリリース

地域に根付く鞄工場と作りあげた、モダンで強靭すぎるビジネスバッグ「デイパックネオ」

国産バッグブランドのWONDERBAGGAGE(ワンダーバゲージ)は、変化する働き方にあわせ、アウトドアやレジャー先での仕事をする形に合わせたバッグを開発。仕事に必要なデジタルツールを十分に収納できる機能性と、アウトドアの世界観をさらに洗練させるデザインと上質な素材使い。これらの高い要求に対して、地域の鞄工場と協力して作りあげた、これからの新しい働き方に適応する新しいスタンダート「デイパックネオ」をリリース。

昨今の変化する働き方の中、様々なスタイルで仕事をするビジネスパーソンが増えました。その一つにレジャー先でリラックスしながら仕事をするというワークスタイルも増えてきています。

ワンダーバゲージはこうした変化の中、アウトドアでの楽しみの中に仕事を持ち出すというワークスタイルにも対応したデイパックを開発。ファミリーやソロ、グランピングといった様々なアウトドアの楽しみ方が増えている中、「アウトドア×ビジネス」というカテゴリーとして、自然の中で心地よい環境下での仕事の形を提案。ビジネスリュックでもありながら、アウトドアの世界観をより高めたデザインのデイパックを発売しました。

「アウトドア×ビジネス」を美しくまとめ上げた、これまでにないデイパックをリリースのサブ画像1

 

  • アウトドア×ビジネス

これまでワンダーバゲージは長年、バリスターナイロン×ヌメオイルシュリンクレザーの組み合わせでカジュアルバッグやビジネスバッグを展開。そのノウハウを集結し、本格クラシックアウトドアのデイパックでありながら、デジタルツールも収納できる、今のライフスタイルにマッチしたモデルを開発。

「アウトドア×ビジネス」を美しくまとめ上げた、これまでにないデイパックをリリースのサブ画像2

「アウトドア×ビジネス」を美しくまとめ上げた、これまでにないデイパックをリリースのサブ画像3

 

  • 強靭すぎる素材使い

メイン素材には国内最高強度と言っても過言ではない国産生地のバリスターナイロン(2520デニール)を使用。
圧倒的な摩耗強度と耐久性は、過酷な環境下で使い込んでも全く経たらない強さを保ちます。本体底とハンドルにはヌメ革をベースに表面をシュリンクさせ、オイルを含ませ、柔らかくほぐしたヌメオイルシュリンクレザーを使用。この組み合わせはクラシックアウトドアに見られる素材の組み合わせで、アウトドアのスタイルに非常にマッチします。
※デニールは糸の太さ。一般的なナイロンは400~600デニールが多い。

「アウトドア×ビジネス」を美しくまとめ上げた、これまでにないデイパックをリリースのサブ画像4

 

 

「アウトドア×ビジネス」を美しくまとめ上げた、これまでにないデイパックをリリースのサブ画像5

 

  • デバイスを収納するための機能的なポケット

メインコンパートメントには14インチmacbookがらくらく収納可能なPCポケット、ケーブルやバッテリー収納するボタンポケット1箇所、マウスなどの納める小さなポケットを2箇所配置。マチにはペットボトルサイズが納まるポケットを2箇所。前胴のサブポケットにはタブレットや本などを収納できるファスナーポケットと、細かい小物を分けて収納できるファスナーポケットが大小2箇所配置。ポケットはアウトドアのバッグには見られない機能的な設計を行いました。

 

 

「アウトドア×ビジネス」を美しくまとめ上げた、これまでにないデイパックをリリースのサブ画像6_メインコンパートメントメインコンパートメント

「アウトドア×ビジネス」を美しくまとめ上げた、これまでにないデイパックをリリースのサブ画像7_メインコンパートメントポケットメインコンパートメントポケット

「アウトドア×ビジネス」を美しくまとめ上げた、これまでにないデイパックをリリースのサブ画像8_サブポケット大サブポケット大

「アウトドア×ビジネス」を美しくまとめ上げた、これまでにないデイパックをリリースのサブ画像9_サブポケット小サブポケット小

 

「アウトドア×ビジネス」を美しくまとめ上げた、これまでにないデイパックをリリースのサブ画像10_マチポケットマチポケット

 

  • ビンテージアウトドアデイパックのディティールを踏襲

このデイパックはヴィンテージのアウトドアデイパックのディティールを踏襲。背胴(背面)は内縫いをかけた後、背中に沿うように表から再度縫い直してエッジを立たせ、背中に当たるウレタンもしっかりと固定されるような構造と素材で再現。ショルダーテープを納める部分にも革を用いています

「アウトドア×ビジネス」を美しくまとめ上げた、これまでにないデイパックをリリースのサブ画像11

 

 

 

「アウトドア×ビジネス」を美しくまとめ上げた、これまでにないデイパックをリリースのサブ画像12

 

 

 

  • モダンなシルエット

型紙は直線が少なく、多くの箇所にクロソイド曲線を用い、緩やかで馴染むカーブを描いています。そして立体になったときにそのカーブが崩れないように、見えないところにも様々な作込みがされています。前胴にはウレタンを仕込み、天のハンドルにも本体に心材をいれて、保形力を維持し、美しいシルエットを保つようにしています。クラシカルでありながらもモダンな佇まいを感じさせるようにデザインを行いました。
 

「アウトドア×ビジネス」を美しくまとめ上げた、これまでにないデイパックをリリースのサブ画像13

 

「アウトドア×ビジネス」を美しくまとめ上げた、これまでにないデイパックをリリースのサブ画像14

 

「アウトドア×ビジネス」を美しくまとめ上げた、これまでにないデイパックをリリースのサブ画像15

 

  • 地域に根付く鞄工場の高い技術と協力で作り上げた自信作

このデイパックを開発するにあたって、ここまで分厚いナイロンと革を複雑な構造のバッグを作り上げるのは大変な道のりでした、なんども細かなラインや構造を練り直しいくつものサンプルを作りました。そして、地域の鞄工場の高い技術と協力の結果、これからの時代に合わせた新しい定番デイパックが完成。ワンダーバゲージが手掛ける自身作が生まれました。

「アウトドア×ビジネス」を美しくまとめ上げた、これまでにないデイパックをリリースのサブ画像16

 

カラーリングはネイビー×キャメル、ブラック×ブラック、ネイビー×チョコ、ブラック×ヌメの4色展開。いずれもクラシックなキャンプスタイルにも溶け込む配色を選定しました。

「アウトドア×ビジネス」を美しくまとめ上げた、これまでにないデイパックをリリースのサブ画像17

 

  • 製品紹介動画

 

  • デイパックと一緒にもっていきたい、キャンプツールがざっくり入る大型トートも発売

今回リリースされるデイパックと合わせて持ちたい、アウトドアツールをざっくりと入れて運びたいときに重宝する大型のツールバッグも発売。本体素材はコーデュラバリスティックナイロン1680デニールPU(ポリウレタン)を使用し、底面には水を通さないターポリンを採用。ランタンや、小さなチェアなどかさばる荷物をざっくりと収納できる大容量となっています。両側のマチにはハンドルがついており、重い荷物も両手で運ぶことが可能。中には小さなポケットが6室配置。本体を保形するため、マチと底にはウレタンを挟み込み、カバンを保形しています。シンプルなトートながらバリスティックナイロンをつかった非常にタフなバッグとなります。カラーはダークネイビーの一色展開。
 

「アウトドア×ビジネス」を美しくまとめ上げた、これまでにないデイパックをリリースのサブ画像18

 

 

「アウトドア×ビジネス」を美しくまとめ上げた、これまでにないデイパックをリリースのサブ画像19

 

  • 製品情報

モデル名:グッドマンズ デイパック ネオ
価格:27,940円(税込)
素材:バリスターナイロン、ヌメオイルシュリンクレザー
サイズ:W310×H415×D70
色展開:4色(ネイビー/ブラック/チョコ/ヌメ)
製品ページ: https://wonder-baggage.com/daypack_neo/
11月下旬発売予定

モデル名:キャンプ ツールバッグ
価格:18,700円(税込)
素材:バリスティックナイロン、ターポリン
サイズ:W500xH340xD210
色展開:1色(ダークネイビー)
12月中旬発売予定

販売先:
ワンダーバゲージ取り扱い店舗 全国
バトンオンラインストア https://batonstore.project-baton.com/
 

  • WONDERBAGGAGE ワンダーバゲージ

クラシカルな物が持つ普遍性と現代のファンクションとの融合をテーマとして展開する日本製バッグブランド。
世界最強クラスとされる国産ナイロンである「バリスターナイロン」と上質な天然レザーを使い、シンプルで質の高い製品を国内で生産。

https://wonder-baggage.com/
 

  • 会社概要

・会社名:株式会社バトン
・代表取締役社長:渡利 仁
・所在地(本社):〒550‐0003 大阪市西区京町堀2-3-8

【URL】  https://baton-inc.studio.site/

ご掲載に関するお問い合わせ先
株式会社 バトン 広報担当: info@project-baton.com
 

RELATED ARTICLES

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here

Most Popular

Recent Comments