土曜日, 12月 10, 2022
ホーム商品サービス草食動物のうんちを使った着火剤「アニマル・ライター」にキリンが登場!

草食動物のうんちを使った着火剤「アニマル・ライター」にキリンが登場!

株式会社フロントビジョン(本社:東京都八王子市)が手掛けるアウトドアブランドMAAGZ(マーグズ)は、10月15日、キリンの糞を使った着火剤「ANIMAL LIGHTER(アニマル・ライター)/うんちの着火剤 キリン」をリリースしました。2021年夏に発表したウシにつづく、第2弾となります。

 

草食動物のうんちを使った着火剤「アニマル・ライター」にキリンが登場!のサブ画像1


■概要

草食動物の糞を主原料にした、MAAGZオリジナルの着火剤「ANIMAL LIGHTER/うんちの着火剤」。インドの乾燥糞燃料からヒントを得たアイテムです。ウシにつづく、第二弾のキリンがリリースとなりました。

使っている糞は、長崎県にある動植物園「長崎バイオパーク」で暮らす動物たちのものです。干し草や野菜を主食とするかれらの糞は、肉食動物に比べ嫌な匂いがしないのが特徴。動物ごとに匂いや色、質感に個性がある点もポイントです。
また、火つきをよくするため、糞には粉砕した間伐材(かんばつざい)を配合。通常であれば廃棄されてしまう、細かな木屑を活用しています。※間伐材=良質な森を育てるため、保全・育成の際に間引いた樹木

専用の窯の中で加熱処理後、一つずつ手作りで仕上げています。プレス機で高圧縮をかけペレット状に成形しているため、サラッとしていてベトつかず、一般的な固形着火剤と同じようにお使いいただけます。可愛らしい動物のイラストをあしらったパッケージは、ギフトにもぴったりです。

草食動物のうんちを使った着火剤「アニマル・ライター」にキリンが登場!のサブ画像2_パッケージに描かれている動物の糞を主原料に使用パッケージに描かれている動物の糞を主原料に使用

 

草食動物のうんちを使った着火剤「アニマル・ライター」にキリンが登場!のサブ画像3_一般的な固形着火剤と同じように使用可能一般的な固形着火剤と同じように使用可能

 

草食動物のうんちを使った着火剤「アニマル・ライター」にキリンが登場!のサブ画像4_檜や杉などの間伐材を使用檜や杉などの間伐材を使用

 

■コンセプト
普段、自然の中に身を置きキャンプを楽しんでいる私たちが、「何か恩返しできるものを」という思いからつくったプロダクトです。「自然との循環」をメインコンセプトにしており、昨今注目されているSDGsの考え方にも通じる取り組みです。この着火剤の売り上げの一部は、野生動物の保護活動に役立てられます。
同シリーズは今後、ラマ、バク、レッサーパンダといった動物たちのバージョンも製作予定です。「ANIMAL LIGHTER」が、同じ星で暮らす動物たちに思いを馳せるきっかけになることを願い、今後もアイテムの展開を広げていきます。

草食動物のうんちを使った着火剤「アニマル・ライター」にキリンが登場!のサブ画像5_キリンに続いて、ラマ、バク、レッサーパンダを今後リリース予定。キリンに続いて、ラマ、バク、レッサーパンダを今後リリース予定。

 

草食動物のうんちを使った着火剤「アニマル・ライター」にキリンが登場!のサブ画像6_左がMサイズ、右がSサイズ左がMサイズ、右がSサイズ

 

■仕様(Mサイズ)
製品名:ANIMAL LIGHTER / うんちの着火剤
原材料:草食動物のうんち(キリン)、木屑(檜・杉)、パラフィン
燃焼時間:約10分
入数:10個
容器サイズ:H113mm × φ50mm
価格:¥1,210 (税込)

■仕様(Sサイズ)
製品名:ANIMAL LIGHTER / うんちの着火剤
原材料:草食動物のうんち(キリン)、木屑(檜・杉)、パラフィン
燃焼時間:約6分
入数:7個
容器サイズ:H83mm × φ36mm
価格:¥900 (税込)

 

■商品ページはこちら
https://store.maagz.jp/collections/all/products/ct0009

 

■株式会社MAAGZ
https://store.maagz.jp/
 

■長崎バイオパーク
http://www.biopark.co.jp/

〈一般のお客様のお問い合わせ先〉
株式会社フロントビジョン(info@maagz.jp)

 
RELATED ARTICLES

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here

Most Popular

Recent Comments