日曜日, 8月 14, 2022
ホームイベントキャンプ場「北軽井沢スウィートグラス」が、はだかの火に集う焚き火イベント『アサマ狼煙』を開催

キャンプ場「北軽井沢スウィートグラス」が、はだかの火に集う焚き火イベント『アサマ狼煙』を開催

有限会社きたもっく(本社:群馬県⻑野原町北軽井沢、以下、きたもっく)は、キャンプ場「北軽井沢スウィートグラス」と、宿泊型ミーティング施設「TAKIVIVA(タキビバ)」で、豪快なはだかの火に集う焚き火イベント『アサマ狼煙』を11/13(土)、14(日)に開催します。

キャンプ場「北軽井沢スウィートグラス」が、はだかの火に集う焚き火イベント『アサマ狼煙』を開催のサブ画像1

キャンプ場「北軽井沢スウィートグラス」は、北軽井沢の豊富な森林資源を活かした、はだかの火に集う焚き火イベント『アサマ狼煙』を開催します。

https://sweetgrass.jp/festival/202111_bonfire/
 

  • 北軽井沢スウィートグラス

キャンプ場「北軽井沢スウィートグラス」が、はだかの火に集う焚き火イベント『アサマ狼煙』を開催のサブ画像2

1994年オープン。活火山浅間山を見渡す広大な敷地に、50棟の個性的なコテージ・キャビン、100区画の多種多様なテントサイトを有するキャンプ場「北軽井沢スウィートグラス」。宿泊施設全棟への薪ストーブの設置を皮切りに、冬キャンプブームの火付け役など、キャンプ業界に新風を吹き込んできました。
 

キャンプ場「北軽井沢スウィートグラス」が、はだかの火に集う焚き火イベント『アサマ狼煙』を開催のサブ画像3

2017年からは自社で地域の山林から木を伐採。高品質な薪や建築材を作り、キャンプ場で活かす循環型の取組は、アウトドアの枠におさまらない地域事業モデルとして発展しています。
 

  • 山の木が薪となり、人が集う焚き火となる

キャンプ場「北軽井沢スウィートグラス」が、はだかの火に集う焚き火イベント『アサマ狼煙』を開催のサブ画像4

スウィートグラスがある北軽井沢は、活火山浅間山の麓に位置し、豊富な広葉樹林に囲まれた中山間地域です。キャンプ場で使われる薪は、すべて地域の木から自社で作ったもの。伐採現場となる山林へのトレッキングツアーなども行い、キャンプを通じた自然とつながる体験を提供しています。
 

キャンプ場「北軽井沢スウィートグラス」が、はだかの火に集う焚き火イベント『アサマ狼煙』を開催のサブ画像5

『アサマ狼煙』では、2メートルを超える原木サイズのスウェディッシュトーチや北欧式の丸太焚き火炉を用意。好きな食材を持ち込み、薪火や炭火で焼く醍醐味を味わえます。山から切り出された木が直接キャンプ場へ運ばれるスウィートグラスならではの、ダイナミックな焚き火を提供します。
 

  • 地域の食を楽しむ

キャンプ場「北軽井沢スウィートグラス」が、はだかの火に集う焚き火イベント『アサマ狼煙』を開催のサブ画像6

スウィートグラスは焚き火や薪ストーブによるキャンプ料理を、地域の食材や食文化と共に提案してきました。

『アサマ狼煙』には、群馬県が誇るブランド牛・赤城牛を育てる「鳥山畜産食品株式会社」。北軽井沢がある同じ長野原町で、明治五年から酒造りを行い、群馬県の酒蔵では最も西に蔵を構える「浅間酒造株式会社」。群馬県産の無農薬ハーブのみを使ったオリジナルハーブソルトを作る「株式会社森の香」、などが出店します。

<アサマ狼煙>
日 時:11月13日(土)14日(日)
場 所:群馬県吾妻郡長野原町北軽井沢1990-579 北軽井沢スウィートグラス https://sweetgrass.jp/

イベントは日帰りでも参加可能です。日帰りの場合は、キャンプ場への入場料がかかります。

キャンプ場への宿泊は満室です。宿泊をご希望の方は、隣接施設「TAKIVIVA(タキビバ)」が同日に開催するタキビバ開放日などをご利用ください(要予約)。
https://fb.me/e/4sOzv2Dr3
 

  •  グッドデザイン金賞を受賞した、きたもっくの地域未来創造事業 

 

きたもっく コンセプトムービー ― 未来は自然の中にある ―

 

スウィートグラスを運営する「有限会社きたもっく」は活火山浅間山の麓・北軽井沢で、広葉樹を中心に自伐型林業を展開しています。遊休山林や耕作放棄地では植生循環を促す養蜂にも取り組み、木は薪や建築素材に、蜂蜜は食材や加工品として、年間10万人が訪れるキャンプ場・スウィートグラスや2020年秋にオープンした焚き火に集う宿泊型ミーティング施設・TAKIVIVA(タキビバ)で主に活用しています。
 

キャンプ場「北軽井沢スウィートグラス」が、はだかの火に集う焚き火イベント『アサマ狼煙』を開催のサブ画像7

地域資源の多面的な価値化と自然と人がつながる場づくりで、地域の未来を持続可能なかたちで創造していく事業展開は、分断された産業の枠を越えた新しい地域産業モデルに繋がる取組として、2021年度のグッドデザイン賞において「グッドデザイン金賞」を受賞しました。

https://kitamoc.com/gd2021/

<会社概要>
社 名:有限会社きたもっく
本 社:群馬県吾妻郡長野原町北軽井沢1924-1360
代表者:代表取締役 福嶋 誠
設 立:2000年4月
資本金:1,000万円

<事業内容>
キャンプ場「北軽井沢スウィートグラス」:https://sweetgrass.jp/
焚火に集うミーティング施設「TAKIVIVA(タキビバ)」:https://takiviva.net/
地域資源活用事業「あさまのぶんぶん」:https://asabun.com/
養蜂「百蜜」:https://luomu.thebase.in/age-verification
観光施設「ルオムの森」:https://luomu.jp/

Web:https://kitamoc.com/
facebook:https://www.facebook.com/kitamoc
note:https://note.com/kitamoc_press100

<問い合わせ>
担当:日月(たちもり)
https://kitamoc.com/ck/contacts/

RELATED ARTICLES

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here

Most Popular

Recent Comments