火曜日, 6月 18, 2024
ホーム商品サービス国内有数の透明度を誇る青木湖畔にオールデイ・カフェ「ao LAKESIDE CAFE」、絶景アースバッグサウナ「Hakuba Zekkei Sauna “ao”」が2023年秋オープン

国内有数の透明度を誇る青木湖畔にオールデイ・カフェ「ao LAKESIDE CAFE」、絶景アースバッグサウナ「Hakuba Zekkei Sauna “ao”」が2023年秋オープン

〜タイソンズアンドカンパニーがプロデュース、北アルプスの山々を映す湖面を眺めながらのリラクシングタイムを提供。特典つきクラウドファンディングも開始~

 株式会社IKEIKEツガイケ(本社:⻑野県北安曇郡白馬村、代表取締役社⻑:和田寛、以下「IKEIKEツガイケ」)は、長野県大町市北部にある青木湖に、東京・天王洲のT.Y.HARBOR等を手掛けるタイソンズアンドカンパニーがプロデュースする、湖畔に面したテラス席と店内席を有する大型オールデイ・カフェ「ao LAKESIDE CAFE(アオ・レイクサイド・カフェ)」と、湖水に直接飛び込める絶景アースバッグサウナ「Hakuba Zekkei Sauna “ao”(白馬絶景サウナ“アオ”)」を核とする複合施設を、2023年秋に開業いたします。
 開業に向けて、本プロジェクトを通じたエリア活性化への取り組みの支援を広く募るとともに、施設づくりをともに楽しんでいただけるよう、4月中旬からクラウドファンディングを開始いたします。

国内有数の透明度を誇る青木湖畔にオールデイ・カフェ「ao LAKESIDE CAFE」、絶景アースバッグサウナ「Hakuba Zekkei Sauna “ao”」が2023年秋オープンのサブ画像1

 IKEIKEツガイケは、長野県白馬山麓エリアの活性化を目的に2019年に設立し、「世界水準のオールシーズン・マウンテンリゾート」を目指す同エリアの中でもポテンシャルを十分に秘めている『隠れた資産』の一つである、青木湖の景観資源に着眼し、その有効活用を通じて、通年でのさらなる集客増加を目指します。

T.Y.HARBOR等を手けるタイソンズアンドカンパニープロデュースao LAKESIDE CAFE開業

 2023年秋に開業予定のオールデイ・カフェ「ao LAKESIDE CAFE」は、東京・天王洲や表参道、代官山などで複数の人気レストランを展開する、タイソンズアンドカンパニーのプロデュースのもと、四季折々のアクティビティを楽しめるリゾートへと進化を続ける白馬山麓エリアで、目の前に北アルプス白馬連峰の大自然と長野県内随一の透明度を誇る青木湖の優美な景色が堪能できるカフェとして誕生します。

国内有数の透明度を誇る青木湖畔にオールデイ・カフェ「ao LAKESIDE CAFE」、絶景アースバッグサウナ「Hakuba Zekkei Sauna “ao”」が2023年秋オープンのサブ画像2

 座席数は店内・テラスともにそれぞれ約50席の計100席程度を予定しており、エリア内最大級のカフェレストランとなるほか、テイクアウトカウンターも用意。湖畔に面した公園のような空間の中、自由にフードやドリンクを楽しんでいただける、世界水準のリゾートにふさわしい設えを備えます。

国内有数の透明度を誇る青木湖畔にオールデイ・カフェ「ao LAKESIDE CAFE」、絶景アースバッグサウナ「Hakuba Zekkei Sauna “ao”」が2023年秋オープンのサブ画像3

 
 フードは「ローカルモダンコンフォート」をテーマに、地の食材、季節の食材をふんだんに使用し、生産者との繋がりを大切にすることを最重要視したメニューを展開。長野県内の伝統的な郷土料理などをタイソンズアンドカンパニーが現代的な解釈で再定義・再構築し、安心でいつでもおいしい「ほっとする」料理を提供します。

 シグネチャーメニューの一つは、表参道「crisscross」で人気のバターミルクパンケーキ(朝食時間帯から提供可能)。静かな朝の湖畔でシングルオリジンコーヒーとともに優雅なひとときをお楽しみいただけます。このほか、地場産野菜や白馬ハム特製のソーセージなどを使ったパスタやサンドイッチなどのランチ・ディナーメニューも提供予定です(ディナー営業は不定期)。

国内有数の透明度を誇る青木湖畔にオールデイ・カフェ「ao LAKESIDE CAFE」、絶景アースバッグサウナ「Hakuba Zekkei Sauna “ao”」が2023年秋オープンのサブ画像4

 さらに、テイクアウト用のメニューも充実。湖畔の思い思いの場所でのピクニックはもちろん、貸切ボートとセットでのピクニックランチも体験でき、北アルプスの山々を映す湖面の上で非日常的な時間を過ごしていただける予定です。

 建物の設計は、白馬岩岳マウンテンリゾート内の絶景テラス&カフェ「HAKUBA MOUNTAIN HARBOR(白馬マウンテンハーバー)」や「白馬ヒトトキノモリ」内の「CHAVATY HAKUBA(チャバティ白馬)」を手がけた、株式会社遠藤建築アトリエ(本社:北海道札幌市、代表:遠藤謙一良)が担当。さらに内装設計は、タイソンズアンドカンパニーが運営する「CICADA」や「SMOKEHOUSE」の内装設計を手掛けたインテリアデザイン事務所「bazik」(本社:東京都渋谷区、代表:滝澤雄樹)が担います。土地の高低差を活かしてスキップフロアを取り入れることで、どの座席からも湖と山を綺麗に眺めることができるようにするなど、眼前に広がる絶景と大自然との融合を大切にした、快適な屋内外の空間づくりを進めてまいります。

湖と融合するサウナ

を併設

、景観資源の価値に体験価値を付加

 湖岸に沿った敷地南西側には、湖と融合するようなデザインで湖水に直接飛び込むこともできるサウナ施設「Hakuba Zekkei Sauna “ao”」を展開。2023年4月から始動する、サウナの中から白馬の絶景を楽しむことができる「Hakuba Zekkei Sauna」シリーズの二号店として営業を開始します。

国内有数の透明度を誇る青木湖畔にオールデイ・カフェ「ao LAKESIDE CAFE」、絶景アースバッグサウナ「Hakuba Zekkei Sauna “ao”」が2023年秋オープンのサブ画像5_アースバッグサウナのイメージアースバッグサウナのイメージ

 近年、断熱性・蓄熱性やデザイン性、メンテナンスの容易性などに優れていることからサウナ室の工法として注目を浴びている「アースバッグ工法」を採用。施工は新潟県出雲崎のサウナ施設「In the Earth」を展開し、これまで全国6ヵ所でアースバッグ工法によるサウナ施設を建設している、株式会社Adventure Tripが担当。最大収容10人程度(2時間入れ替え制。貸切可能)で、青木湖畔の自然にマッチした優しいデザインのサウナ施設が誕生します。また、オペレーション面や送客面では東京・恵比寿で完全個室のフィンラインド式サウナとして注目を集める「ひとりサウナプラス」が全面バックアップ。「ひとりサウナプラス」としては初のプロデュース案件になります。

 「Hakuba Zekkei Sauna “ao”」の最大の特徴は、青木湖に直接飛び込めること。青木湖は流入河川もなく、北アルプスの山々から染み出す透明で冷たい湧き水だけで満たされているため、夏でも水温が低く安定しており、サウナで火照った身体を冷たい湖水でクールダウンでき、北アルプスからの涼風で外気浴を行うことで「ととのう」時間を楽しんでいただけます。

国内有数の透明度を誇る青木湖畔にオールデイ・カフェ「ao LAKESIDE CAFE」、絶景アースバッグサウナ「Hakuba Zekkei Sauna “ao”」が2023年秋オープンのサブ画像6_(左)青木湖 (中)外気浴イメージ (右)アースバッグサウナのイメージ(左)青木湖 (中)外気浴イメージ (右)アースバッグサウナのイメージ

近隣アクティビティとの連携も強化。白馬山麓エリア南部の重要な観光拠点に

国内有数の透明度を誇る青木湖畔にオールデイ・カフェ「ao LAKESIDE CAFE」、絶景アースバッグサウナ「Hakuba Zekkei Sauna “ao”」が2023年秋オープンのサブ画像7

 新施設では、近隣でSUPやカヤックなどの湖上アクティビティを展開する「ライオンアドベンチャー」や「Mauka Outdoors」とも連携。アクティビティとパッケージになったランチ、カフェメニューの提供を行うほか、将来的には新施設の敷地内でのアクティビティカウンターの設置なども検討しています。

 

国内有数の透明度を誇る青木湖畔にオールデイ・カフェ「ao LAKESIDE CAFE」、絶景アースバッグサウナ「Hakuba Zekkei Sauna “ao”」が2023年秋オープンのサブ画像8

 また、大町市観光協会ともタイアップし、大町市のサイクルステーションとしても機能。サイクルスタンドやウォーターサーバーを設置してエリア内を自転車で観光するお客様への利便性を高めるほか、サイクリングに適した一周6.5km程度の青木湖周遊や、近隣に足を伸ばすことができるシェアサイクルの導入も今後検討してまいります。

特典つき

クラウドファンディングも募集

国内有数の透明度を誇る青木湖畔にオールデイ・カフェ「ao LAKESIDE CAFE」、絶景アースバッグサウナ「Hakuba Zekkei Sauna “ao”」が2023年秋オープンのサブ画像9

 本プロジェクトを通じた白馬山麓エリア活性化の取り組みへの支援を広く募るとともに、施設づくりをともに楽しんでいただけるよう、クラウドファンディングの募集を4月中旬(予定)から開始します。クラウドファンディングのリターンには湖上での限定朝食・ランチや湖水に飛び込むサウナの貸切利用など、今回の新施設の魅力を存分に味わっていただくためのメニューを用意しているほか、アースバッグサウナ建設を体験後、湖畔でテントサウナを楽しむなど本プロジェクトならではのメニューも用意しております。詳細は公式インスタグラム(ao_lakesaide)をご参照ください。

【ao LAKESIDE CAFE(新施設)概要】

住所:長野県大町市平21462-1 ほか
交通:JR大糸線白馬駅より南へ10km (車で15分)
   JR大糸線大町駅より北へ13km(車で20分)
JR大糸線簗場駅より北へ2km (徒歩で25分)
営業期間:通年営業 ※季節により定休日あり営業時間:8:00〜20:00(19:00 L.O.)予定 ※季節により時間短縮あり
URL:https://ao-lakeside.com/

国内有数の透明度を誇る青木湖畔にオールデイ・カフェ「ao LAKESIDE CAFE」、絶景アースバッグサウナ「Hakuba Zekkei Sauna “ao”」が2023年秋オープンのサブ画像10

インスタグラムアカウント:ao_lakesaide
事業運営(予定):株式会社ズクトチエ

 

【Hakuba Zekkei Sauna “ao”概要】

受付場所:ao LAKESIDE CAFE内カウンター
営業形態:2時間入れ替え制(貸切可能)、定員10人程度、原則事前予約制
営業期間:通年営業 ※季節により定休日あり営業時間:8:00〜20:00 ※季節により時間短縮あり
URL:https://hakuba-zekkeisauna.com/

国内有数の透明度を誇る青木湖畔にオールデイ・カフェ「ao LAKESIDE CAFE」、絶景アースバッグサウナ「Hakuba Zekkei Sauna “ao”」が2023年秋オープンのサブ画像11

インスタグラムアカウント:hakuba_zekkeisauna
事業運営(予定):株式会社ズクトチエ
※「Hakuba Zekkei Sauna」シリーズ第一号店”rooftop”は白馬村内に23年4月に開業予定

【タイソンズアンドカンパニー概要】

「T.Y.HARBOR」や「CICADA」、「IVY PLACE」をはじめとした世界観のあるレストランの運営や、ビールやパン、コーヒーなど自社製クラフトの製造を行う、食のマルチブランドカンパニー。

【株式会社Adventure Trip概要】

キャンプ場、サウナ施設、貸別荘、整体院の運営、特殊工法を用いた外構施工やサウナ施工等を行う会社として2007年に設立。特にアースバッグサウナの施工実績が豊富。(本社:新潟県長岡市福山町297-4、代表取締役:五十嵐 貴博)

【ひとりサウナプラス概要】

2022年3月7日、東京・恵比寿にオープンした完全個室のフィンラインド式サウナ。
本格的なフィンランド式個室サウナ、セルフロウリュウを上質なプライベート空間で提供。安全・安心に「ととのう」ことはもちろん、ととのいの価値を更に高める「+α」を地域やニーズに合わせて提案する。

【会社概要】

会社名:株式会社ズクトチエ
代表:代表取締役社長 太田 悟 
住所:⻑野県北安曇郡白馬村大字北城12147
設立:2022年7月4日
事業内容:白馬を中心としたリゾート施設の開発及び運営支援、サウナ施設運営等

会社名:株式会社IKEIKEツガイケ
代表:代表取締役社長 和田 寛 
住所:⻑野県北安曇郡白馬村大字北城 6329-1
設立:2019年9月18日
事業内容:宿泊施設のリノベーション、街並み整備、観光施設の誘致・開発等
 

RELATED ARTICLES

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

Most Popular

Recent Comments