土曜日, 10月 1, 2022
ホーム商品サービス【財布&鍵&バッグ】極小多機能ケース「MUZOSA X-PAC」が『2021年度グッドデザイン賞』を受賞!

【財布&鍵&バッグ】極小多機能ケース「MUZOSA X-PAC」が『2021年度グッドデザイン賞』を受賞!

レジ袋ゼロ実現へ!手ぶらスタイルをアップデート!

UNLOCK TOKYO合同会社(本社:東京都渋谷区、代表:續大輔)が手がける忘れようがないエコバッグ搭載の極小多機能ケース「MUZOSA X-PAC」が、このたび『2021年度グッドデザイン賞』(主催:公益財団法人日本デザイン振興会)を受賞しました。
グッドデザイン賞受賞商品のみを販売する日本唯一の店舗「GOOD DESIGN STORE TOKYO by NOHARA 丸の内」で開催される店頭催事「デザインのいまを手に入れよう 〜2021年最新グッドデザイン賞受賞特集〜」での販売も決定しました。

【財布&鍵&バッグ】極小多機能ケース「MUZOSA X-PAC」が『2021年度グッドデザイン賞』を受賞!のサブ画像1

● 受賞商品「MUZOSA X-PAC」概要

MUZOSAは「手ぶらスタイルをアップデートする」というミッションのもと誕生した財布&鍵&エコバッグの極小多機能ケースです。外出時、絶対にエコバッグを忘れないスタイルで「レジ袋ゼロの実現」を無意識に継続できます。コロナで生活が変わり、共に強く生き抜き、今を楽しむ相棒となれる「MUZOSA X-PAC」へ進化しました。(受賞サイト:https://www.g-mark.org/award/describe/51423 ) 

 

デザインが生まれた理由/背景

2019年にレジ袋有料化後に変化する生活を創造しました。エコバッグを買った人が「エコバッグを忘れた」という問題を来年体験する。その問題を事前に解決したいと考えました。手のひらサイズにこだわり「キー&エコバッグ+コイン&紙幣&カード&価値観」が入るプロダクトを企画開発しました。家の鍵を忘れない限り、外出時は絶対に忘れないエコバッグ付きです。「レジ袋ゼロの実現」を無意識に当たり前に継続できます。 MUZOSAはあくまで生活を便利に豊かにするプロダクトであり、私たちはその先にある「手ぶらエコ」が当たり前になる生活スタイルをデザインしたいと思いました。 そして、20年コロナで過酷でタフな生活に変わり、共に強く生き抜くため「MUZOSA X-PAC」に進化させました。普段使いだけでなくアウトドア・キャンプ・ランニングなど、全力で今を楽しめる時間も、いつも共用で使用できる相棒のようなアイテムにしました。

【財布&鍵&バッグ】極小多機能ケース「MUZOSA X-PAC」が『2021年度グッドデザイン賞』を受賞!のサブ画像2

●デザインのポイント
1:レジ袋有料化・キャッシュレス化で財布など手ぶらスタイルの必需品が変化。エコバッグ搭載で、手ぶらスタイルをアップデート。
2:コンビニや買物で「エコバッグを忘れた」問題を解決。「MUZOSA X-PAC」になり普段使いだけでなく、雨の日やキャンプ・アウトドア・ランニングでもタフに使える。
3:今までと同じ生活をしても、レジ袋を年間約350枚不要となる。意識しなくてもエコを当たり前に継続していくことができる。

●デザインを実現した経緯とその成果

・無駄な余白を極限まで削ったこだわり極小サイズはズボンポケットに入れても邪魔にならない。

・収納するものを考えた専用設計のポケットレイアウトで、エコバッグがクッションの役割を果たし収納するものを破損から保護。

・エコバッグ専用収納ポケットを設置し、敢えて定位置を作り、外出時の鍵を取り外した際にエコバッグの入れ忘れを防ぐ安心設計。

・脱着式のキーホルダーにすることで、鍵の取付、取り外しが楽に便利になる。

・絶妙にバランスの取れたL字型ファスナーでカードなど収納するものが落ちない。

・外ファスナーと内ファスナーの開閉方向を逆にすることで開閉作業が1つで済み、硬貨が落ちにくい「イージー&ロック構造」を開発。

・丈夫で撥水性に優れた極薄素材の「NYLON ULTRALIGHT BAG」は大容量12ℓでも畳むと超コンパクト、重さも約20gとミニトマト一粒の驚きの軽さ。

【財布&鍵&バッグ】極小多機能ケース「MUZOSA X-PAC」が『2021年度グッドデザイン賞』を受賞!のサブ画像3

●これまでの実績

私たちは『MUZOSA ACTION』として「レジ袋ゼロの実現」を目指しています。日本におけるレジ袋使用枚数はライフスタイルによっては、一人あたり年間350枚以上*の人もいます。MUZOSAユーザー約4,000名がレジ袋を使用しないことで、年間約1,400,000枚相当のレジ袋が不要となっています。MUZOSAを使用するだけで、いつでもエコバッグ付きの手ぶらエコスタイルが生活のスタンダートになります。今までと同じ生活で、膨大な枚数のレジ袋不要にも繋がっていきます。一度きり、1年だけではなく、何年も継続していくことが可能です。生活を便利にするだけでなく、未来につながる手ぶらエコスタイルを広く浸透させていきたいと思っています。(*鈴木雄介ら「レジ袋使用に伴うエネルギー消費量とその削減効果に関する研究」2007年より。)

【財布&鍵&バッグ】極小多機能ケース「MUZOSA X-PAC」が『2021年度グッドデザイン賞』を受賞!のサブ画像4

 

●グッドデザイン賞審査委員の評価コメント
欲張っていくつもの機能を入れ込むと、結局どれもちゃんと機能しない場合が多い。本製品もその類かもしれないと懐疑的に手に取って見たのだが、達成しようとしていることが無理なくまとめられており、好印象を持った。少し物足りないと感じる財布も、キャッシュレス社会が後押しして、今の時代なら納得できる。また、エコバッグも十分な容量と強度がありながら、ある程度ラフに入れても、ちゃんと財布の大きさに納まる。財布をもったときには同時にエコバッグも持ち出しているという、至極当然で共感を生みやすいコンセプトを、素材や形状などバランスよくまとめている点を評価した。

【財布&鍵&バッグ】極小多機能ケース「MUZOSA X-PAC」が『2021年度グッドデザイン賞』を受賞!のサブ画像5

●グッドデザイン賞とは
1957年に創設されたグッドデザイン商品選定制度を継承する、日本を代表するデザインの評価とプロモーションの活動。国内外の企業や団体が参加する世界的なデザイン賞として、暮らしの質の向上を図るとともに、社会の課題やテーマの解決にデザインを活かすことを目的に毎年実施されています。有形無形を問わず様々な物事を、デザインだけではなくプロセス、思想、意義などを総合的に評価。受賞のシンボルである「Gマーク」は優れたデザインの象徴として広く親しまれています。 http://www.g-mark.org
 

  • 『GOOD DESIGN STORE TOKYO by NOHARA 丸の内』での店頭催事で販売決定

グッドデザイン賞2021受賞「MUZOSA X-PAC」はグッドデザイン賞受賞商品のみを販売する日本唯一の店舗『GOOD DESIGN STORE TOKYO by NOHARA 丸の内』で開催される店頭催事「デザインのいまを手に入れよう 〜2021年最新グッドデザイン賞受賞特集〜」での販売も決定しました。
実際に「MUZOSA X-PAC」実物を手に取り、サイズ感・素材感を確かめてからご購入頂けます。一般販売は公式ECサイトとなりますので、リアル店舗でのお取扱は全国で唯一となります。是非ともお立ち寄り下さい。

【財布&鍵&バッグ】極小多機能ケース「MUZOSA X-PAC」が『2021年度グッドデザイン賞』を受賞!のサブ画像6

・催事の詳細は店舗公式サイトよりご確認ください。

https://gds.tokyo/
 

  • MUZOSA ACTION!レジ袋ゼロの実現へ!

【財布&鍵&バッグ】極小多機能ケース「MUZOSA X-PAC」が『2021年度グッドデザイン賞』を受賞!のサブ画像7

MUZOSAを活用していつでもエコバッグ付きスタイル“無造作エコスタイル”を標準化させ「レジ袋ゼロ」実現に向けた取り組みをサポートしていきます。日本におけるレジ袋使用枚数は、一人あたり年間約150枚*といわれ、ライフスタイルによっては一人350枚以上**の人もいます。レジ袋をはじめとする“ワンウェイプラスチック”をなくすために、エコバックがあります。しかし、エコバックもせっかく買ったのに忘れてしまったら意味がありません***。
ですが、MUZOSAは「Always ecostyle with you!」スタイル。いつも持ち歩くためエコバッグを忘れることはありません。一人一人が確実に“レジ袋ゼロ”を当たり前に、無意識に、継続することをサポートしていきます。今後も、多くの企業や団体のCSRや福利厚生のお取り組みの一環としてMUZOSAを提供し「レジ袋ゼロ」実現に向けて取り組んでいきます。

●お取り組み:#2100NotNeededエコ活動詳細。パートナー団体募集しています。
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000023.000051905.html
—–
*酒井伸一「3Rプラス原則とライフサイクル的観点からみたプラスチック素材」2019年より。また、経済産業省『平成28年度定期報告制度集計結果』によると年間87,783tのプラスチック製の袋が生産されており、これを平均的なレジ袋の重さ(4.19g)と人口(127095千人)で割ると、およそ164枚となる。
**鈴木雄介ら「レジ袋使用に伴うエネルギー消費量とその削減効果に関する研究」2007年より。
***眞弓和也ら「環境配慮行動支援のためのレジ袋とマイバッグの LCA」2009年より。レジ袋よりもエコバックのほうが重量があるため、使用回数がすくないとかえって環境負荷を増加させてしまう場合がある。
 

  • 会社概要

【財布&鍵&バッグ】極小多機能ケース「MUZOSA X-PAC」が『2021年度グッドデザイン賞』を受賞!のサブ画像8

商号:UNLOCK TOKYO 合同会社 
代表:續大輔
所在地:〒150-0002東京都渋谷区渋谷3-6-2エクラート渋谷5F
事業内容:プロデュース事業、プロダクト事業
●グッドデザイン賞受賞ページ:https://www.g-mark.org/award/describe/51423
●代表DaisukeTsuzuku note:https://note.com/unlock/
●MUZOSA公式サイト: https://muzosa.jp/
●MUZOSA公式ECサイト:https://shop.muzosa.jp/
※MUZOSA X-PACは大量生産では無くご注文数に合わせた製造数量で進めています。発送数量が無くなった場合は予約販売とさせて頂きます。適切な数量で製造しお届けさせて頂きたいと考えています。ご理解ご協力に感謝いたします。

RELATED ARTICLES

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here

Most Popular

Recent Comments