土曜日, 12月 10, 2022
ホームイベント<六甲ガーデンテラス>六甲山で芸術の秋、食欲の秋を楽しもう!

<六甲ガーデンテラス>六甲山で芸術の秋、食欲の秋を楽しもう!

六甲山観光株式会社(本社:神戸市 社長:寺西公彦)が六甲山上で運営する六甲ガーデンテラスの「自然体感展望台 六甲枝垂れ」では、大人から子どもまで楽しめる体験型アートイベント「シダレミュージアム」を2022年11月23日(水・祝)まで開催中で、5人のアーティストが作品を展示しています。

加えて、神戸・六甲山を舞台とした現代アートの展覧会「六甲ミーツ・アート芸術散歩2022」で神戸市長賞(対象:招待アーティストの作品)を受賞したアーティスト・淀川テクニックの作品「六甲山ムツコ グリボウ グリグリボウ」も展示中です。夜には照明アーティスト・伏見雅之の演出による『六甲山光のアートLightscape in Rokko 秋バージョン「秋は夕暮れ」』を開催しており、展望台全体がライトアップされます。六甲山から望む1,000万ドルの夜景と共に、幻想的な光景をお楽しみいただけます。
今秋は「食」にも力を入れており、六甲ガーデンテラスエリア内の4つの飲食店舗では、六甲山麓で育まれた食材「六甲味噌」を使用した個性的な新メニューを提供中です。同エリア内の2つの物販店舗では、六甲山で採れた蜂蜜「やまみつ」と「六甲味噌」を使用した「六甲みそ煎餅」も販売中です。また、今年も10月1日(土)より人気のオリジナル商品「六甲山ミツバチ やまみつ(アカシア)」を発売します。

<六甲ガーデンテラス>六甲山で芸術の秋、食欲の秋を楽しもう!のサブ画像1

 

<六甲ガーデンテラス>六甲山で芸術の秋、食欲の秋を楽しもう!のサブ画像2

■「シダレミュージアム」 開催概要


最大標高888mの展望台「自然体感展望台 六甲枝垂れ」を舞台に、5人のアーティストが作品を展示しています。
様々な手法で展示されている作品を見て、聴いて、触れて、写真を撮ることで、大人から子どもまで楽しめるアートイベントです。

【開催日時】

11月23日(水・祝)まで
10:00~21:00(20:30受付終了)

※期間中無休
※新型コロナウィルス感染症拡大や天候状況により臨時休業やイベント内容を変更する場合があります。
【開催場所】自然体感展望台 六甲枝垂れ(六甲ガーデンテラス内)
【料金】特別入場料金 大人・小人一律500円(税込)

※4歳以上は有料。0~3歳は無料。
※「六甲ミーツ・アート芸術散歩2022」鑑賞パスポートおよびナイトパス付鑑賞パスポートでも入場可。
【出展アーティスト】
大村雪乃、Saigetsu、佐川好弘、Hirotaka Shirotsubaki、伏見雅之
(敬称略、50音順)
 

<六甲ガーデンテラス>六甲山で芸術の秋、食欲の秋を楽しもう!のサブ画像3

<六甲ガーデンテラス>六甲山で芸術の秋、食欲の秋を楽しもう!のサブ画像4

■六甲山光のアート Lightscape in Rokko秋バージョン「秋は夕暮れ」開催概要


「六甲山光のアートLightscape in Rokko」は、照明アーティスト・伏見雅之の演出によるライトアップイベントです。1,000万色以上の色彩表現が可能なLED照明を用いて、展望台全体を覆うフレームを限りなく自然光に近い光で内側から照らし、清少納言が「枕草子」に記した四季の移ろいを表現します。秋バージョン「秋は夕暮れ」では、夕日が差し込んで山の端にとても近くなっている時に、寝床に帰ろうと飛び急ぐ数羽の烏、隊列を組んで飛ぶ雁などの姿を表しています。
また今秋は、同じく伏見氏が「シダレミュージアム」のイメージカラーである“緑色”に演出した特別なライトアップ「ミドリノアカリ」もお楽しみいただけます。

【開催日時】
2022年10月31日(月)までの毎日 17:00~21:00(20:30受付終了)

※天候や緊急事態宣言発令等により、開催時間を変更する場合あり。
【開催場所】自然体感展望台 六甲枝垂れ(六甲ガーデンテラス内)
【料金】
「シダレミュージアム」の入場料金(大人・小人一律500円)をお支払いいただければ、鑑賞可。

※「六甲ミーツ・アート芸術散歩2022」鑑賞パスポートおよびナイトパス付鑑賞パスポートでも鑑賞可。

 

<六甲ガーデンテラス>六甲山で芸術の秋、食欲の秋を楽しもう!のサブ画像5

■六甲山光のアート Lightscape in Rokko
秋バージョン「秋は夕暮れ」

1.17:30~18:00
2.18:30~19:00
3.19:30~20:00
4.20:30~21:00

計4回/1日 点灯します。

 

 

<六甲ガーデンテラス>六甲山で芸術の秋、食欲の秋を楽しもう!のサブ画像6

■スペシャルライティング「ミドリノアカリ」

1.17:00~17:30
2.18:00~18:30
3.19:00~19:30
4.20:00~20:30

計4回/1日 点灯します。

■六甲ミーツ・アート芸術散歩2022
「神戸市長賞(対象:招待アーティストの作品)」受賞作品

<六甲ガーデンテラス>六甲山で芸術の秋、食欲の秋を楽しもう!のサブ画像7

<六甲ガーデンテラス>六甲山で芸術の秋、食欲の秋を楽しもう!のサブ画像8

作品名:六甲山ムツコ グリボウ グリグリボウ
アーティスト名:淀川テクニック

プロフィール
1976年 岡山県生まれ、鳥取県在住
1998年 大阪文化服装学院修了

 

2003年に大阪・淀川の河川敷を拠点として活動開始。ゴミや漂流物などを使い、赴いた土地ならではのゴミや人々との交流を楽しみながら行う滞在制作を得意とする。岡山県玉野市の「宇野のチヌ」でお馴染み。アジア、ヨーロッパなど海外での展覧会も多い。その活動や作品はマスメディアで多く取り上げられ、小学校や中学校の美術の教科書でも紹介されている。活動開始当初は柴田英昭が友人の松永和也に声をかけてはじまったアーティストユニットであったが、2017年からは柴田のソロ活動。柴田は作品の制作のみならず、様々なワークショップを全国各地で開催する他、「コラージュ川柳(R)」の発案者でもある。近年では環境に関するイベントに招かれることも多い。

 

<六甲ガーデンテラス>六甲山で芸術の秋、食欲の秋を楽しもう!のサブ画像9

■六甲山でみそグルメ

六甲ガーデンテラス内の4つの飲食店舗では、11月23日(水・祝)まで、六甲山麓で育まれた食材「六甲味噌」を使用した個性的なメニューを提供しています。各店舗には、神戸・大阪の眺望が楽しめる座席を多数ご用意しておりますので、絶景と共にお楽しみください。 ※全て税込価格です。

<六甲ガーデンテラス>六甲山で芸術の秋、食欲の秋を楽しもう!のサブ画像10

<六甲ガーデンテラス>六甲山で芸術の秋、食欲の秋を楽しもう!のサブ画像11

また、六甲ガーデンテラス内の物販店舗では、六甲山で採れた蜂蜜「やまみつ」と「六甲味噌」を使用した「六甲みそ煎餅」も販売中です。香ばしい味噌の香りとやまみつの優しい甘さがマッチしています。是非、ご賞味ください。

<六甲ガーデンテラス>六甲山で芸術の秋、食欲の秋を楽しもう!のサブ画像12

【商品名】六甲みそ煎餅
【発売場所】神戸セレクト雑貨ショップ ホルティ、六甲おみやげ館
【発売価格】475円(税込) 1袋40g

 

 

■「六甲山ミツバチ やまみつ(アカシア)」 1,500個限定発売!

<六甲ガーデンテラス>六甲山で芸術の秋、食欲の秋を楽しもう!のサブ画像13

10月1日(土)より六甲山で採れた「六甲山ミツバチ やまみつ(アカシア)」を発売します。今年の5月上旬頃、ミツバチが六甲山に咲くニセアカシアの花から巣に持ち帰った蜜を採蜜した大変貴重なハチミツです。2012年より毎年生産・発売しており、上品ですっきりとした甘さが特徴のオリジナル人気商品です。
【商品名】六甲山ミツバチ やまみつ(アカシア)
【発売場所】神戸セレクト雑貨ショップ ホルティ、六甲おみやげ館
【発売価格】1,250円(税込)  1個120g

※数に限りがございますので、お早めにお買い求めください。

 

<六甲ガーデンテラス>六甲山で芸術の秋、食欲の秋を楽しもう!のサブ画像14

◆六甲ガーデンテラス 営業概要

【営業時間】9時30分~21時/無休
※季節・曜日・天候・店舗により営業時間・定休日が異なります。詳しくはHPでご確認ください。
【WEBサイト】 https://www.rokkosan.com/gt/

六甲山ポータルサイト https://www.rokkosan.com

リリース https://www.hankyu-hanshin.co.jp/release/docs/c2f2d680a2723043de6cef986cdd3ef75e86192c.pdf

発行元:阪急阪神ホールディングス
    大阪市北区芝田1-16-1

RELATED ARTICLES

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here

Most Popular

Recent Comments