水曜日, 10月 5, 2022
ホーム商品サービス上質で落ち着きのあるデザインSUPを販売開始

上質で落ち着きのあるデザインSUPを販売開始

アーバン&ナチュラルなデザインで、雰囲気を壊さない落ち着いたデザイン。カメラマウントやピックアップハンドル他、機能も充実。

海や湖などでのクルージングやSUPヨガなど、初心者から上級者まで幅広く楽しめるオールラウンドボードです。
木目、黒、グレーとモノトーンカラーを採用し、落ち着きのあるデザインで上質な雰囲気を演出できます。
本体はインフレータブル(空気注入)方式により、収納時はまるめてコンパクトに収納が可能。
強靭な高品質ダブルレイヤー構造により耐久性も抜群な上、軽量なボディは水辺の持ち運びも負担にならず、テール部分のハンドルで水中からのピックアップも楽にできます。

 

 

  • 必要なものが一つのセットに

上質で落ち着きのあるデザインSUPを販売開始のサブ画像1

SUPに必要なものが1つのセットになっており、届いたらそのまま水辺に行って楽しめます。クイックガイドが同梱されているので、水辺で初めて開いても使い方がわかるようになっており、不安なく使用することが可能です。

  • 楽しむための厳選ポイント

上質で落ち着きのあるデザインSUPを販売開始のサブ画像2

アクションカメラを取り付けられるマウントが予め備え付けられているので、接着などによる脱落を気にせず取付することができます。

 

上質で落ち着きのあるデザインSUPを販売開始のサブ画像3

オルタネイトプッシュバルブ(ボールペンの開閉ような構造)を採用することでバルブ中央部を押すだけでエアーバルブの開閉が可能です、また、バルブを閉じたままでも関係なくのエアー注入が可能。
最後部にはピックアップハンドルを装備、水辺でのSUP回収時の負担を減らします。

上質で落ち着きのあるデザインSUPを販売開始のサブ画像4

誰でも簡単に取り付け取り外しができるスライド式フィンの採用でお子様や女性でも簡単に取り付けが可能です。従来では使用を重ねると固定に工具が必要になったり、部品を紛失することがありました。

 

取り付けは前方からスライドさせてサイドからワンタッチのピンで固定するだけなので、メンテナンスも使用後に水で汚れを洗い流すだけでOKです。

上質で落ち着きのあるデザインSUPを販売開始のサブ画像5

水をかき、推進力を得るパドルはアルミシャフトは重くなく、しっかり前に進んでくれます。大きすぎない形状はターンの時でも取り回しがよいデザイン。 ワンタッチで組付け、長さ調整でき水上で変更したい場合でも即座に長さを調整できます。

 

上質で落ち着きのあるデザインSUPを販売開始のサブ画像6

フルシップオープンタイプを採用し、大きなSUPを入れる際もスムーズに収納で、インナーポケットへフィンやリーシュコードを収納でき、SUPを傷から守ります。

底面に取付けられているキャスターで廊下や駐車場など負担なく簡単に移動できます。また、リュックタイプのストラップで背負うことができ、階段や、アクセスの悪い場所でも両手がふさがることなく持ち運べます。

サイドに固定のバンドで締め付ければ中身がぐらつかなく、重さを軽減できます。
 

  • 仕様、サイズ

 

■商品名
        Stand Up paddle board : Urban style 10.6ft

■価格
   \107,800(税込み)
■仕様


   長さ    :10'6" (323cm)

   厚み    :15cm

   幅     :79cm

   重量    :8.5kg

   最大空気圧 :15psi

   制限体重  :140kg


材質
          本体          :PVC、
          デッキ         :EVA
          パドル         :アルミ
          フィン         :プラスチック
    バッグ         :ナイロン

■付属品
         SUP本体
   ハンドポンプ、
         バッグ、パドル
         リーシュコード
         フィン(センター×1)
         グリップパッド
         リペアキット

近年、リゾートでは様々なSUPツアーが組まれいたり、TVや雑誌のメディアでも頻繁に特集が組まれ注目を集めているアクティビティです。

LANDMAN株式会社
https://landman.co.jp

商品ページ:Stand up paddle board  URBAN STYLE 10.6ft
https://landman.co.jp/products/sup/7760/

 

RELATED ARTICLES

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here

Most Popular

Recent Comments