日曜日, 7月 21, 2024
ホーム商品サービス標高1,770m 雲海確率62%のSORA terrace へ続く「ウラ」側!世界最大級ロープウェイの機械室を巡る’’バックヤードツアー’’を開催!

標高1,770m 雲海確率62%のSORA terrace へ続く「ウラ」側!世界最大級ロープウェイの機械室を巡る’’バックヤードツアー’’を開催!

約10分間のロープウェイ通勤、雲海ワーケーションもスタート!

株式会社北志賀竜王(所在地:長野県下高井郡、代表取締役社長:西口昌司)が運営する竜王マウンテンリゾートSORA terraceでは、世界最大級ロープウェイ(※1)の機械室の「ウラ」側を巡る’’バックヤードツアー’’を開催致します。
見学するロープウェイのサイズは客車の広さ:たたみ20畳分の166人乗り、日本最大規模を誇り、世界でも最大級の大きさ。今回の「バックヤードツアー」では、普段スタッフしか出入りすることの出来ない運転室や機械室を巡り、ロープウェイの仕組みをご説明致します。ロープウェイの裏側には世界最大級ならではの巨大な機械や圧巻の光景をご覧いただけます。夏休みの親子でのレジャーや学校の自由研究にもオススメです。’’バックヤードツアー’’にはロープウェイ往復乗車を含み、SORA terraceからの景色や併設するSORA terrace cafeで食事もお楽しみいただけます。
※1 CWA社製(スイス)供給の1階建て客車搬器では世界最大の乗車定員

標高1,770m 雲海確率62%のSORA terrace へ続く「ウラ」側!世界最大級ロープウェイの機械室を巡る’’バックヤードツアー’’を開催!のサブ画像1_機械室の内部機械室の内部

標高1,770m 雲海確率62%のSORA terrace へ続く「ウラ」側!世界最大級ロープウェイの機械室を巡る’’バックヤードツアー’’を開催!のサブ画像2_世界最大級166人乗りロープウェイ世界最大級166人乗りロープウェイ

◆世界最大級166人乗りロープウェイ 設備情報

全長行程:2.3km 客車搬器重量:10.5t(2基設置) 客車広さ:たたみ約20畳

 

◆バックヤードツアー行程
「動く仕組みを知ろう!」ワイヤーロープ解説 ⇒ 「圧巻の景色!」 点検台見学 ⇒ 「世界最大級!重量600tの重り」 重垂室見学 ⇒ 「たたみ20畳の広さ!」ロープウェイ乗車体験 ⇒ 「運転室はなんと山頂!?」 運転室内見学

標高1,770m 雲海確率62%のSORA terrace へ続く「ウラ」側!世界最大級ロープウェイの機械室を巡る’’バックヤードツアー’’を開催!のサブ画像3_普段は入れない点検台も見学普段は入れない点検台も見学

標高1,770m 雲海確率62%のSORA terrace へ続く「ウラ」側!世界最大級ロープウェイの機械室を巡る’’バックヤードツアー’’を開催!のサブ画像4_総重量125tの重り総重量125tの重り

標高1,770m 雲海確率62%のSORA terrace へ続く「ウラ」側!世界最大級ロープウェイの機械室を巡る’’バックヤードツアー’’を開催!のサブ画像5_ロープウェイを動かす滑車ロープウェイを動かす滑車

◆世界最大級ロープウェイ「バックヤードツアー」開催情報
・開催期間:7月16日(土)~ 11月3日(祝)の土日祝、8月11日(木)~16日(火)
・開催時間:10:00~・12:00~・14:00~  (定員20人/回) ※事前予約制
・ツアー時間:約60分
・参加料金
大人(中学生以上):4,500円(ロープウェイ往復乗車料金+バックヤードツアー参加料金)
子ども(小学生):3,300円(ロープウェイ往復乗車料金+バックヤードツアー参加料金)
※未就学児は無料

・予約受付
https://flat.systems/plan/?plan=plan000352
 
◆雲海ワーケーション
約10分の“世界最大級ロープウェイ通勤”の先に広がる山頂ワークスペースは、日常の喧噪から離れて、爽やかな空気の中で仕事に集中できる環境です。絶景が広がる屋外にはWi-Fi、アウトドアチェア、テーブル、LACITA JAPANが製造販売を行うポータブル電源「ENERBOX01-SP」を完備。集中力を高め、クリエイティビティや生産性を向上させる新しい働き方をサポートします。雨天時はSORA terrace cafe(ソラテラスカフェ)内のスペースも利用可能なため、天候や気分、シチュエーションに応じて思い思いの場所で仕事に向き合えます。

 

標高1,770m 雲海確率62%のSORA terrace へ続く「ウラ」側!世界最大級ロープウェイの機械室を巡る’’バックヤードツアー’’を開催!のサブ画像6_雲海ワーケーション イメージ雲海ワーケーション イメージ

◆「ENERBOX01-SP」
日本メーカーが企画開発したポータブル電源「エナーボックス」はアウトドアや防災製品として使用されています。 今回、竜王マウンテンリゾートで使用する「ENERBOX01-SP」はコンパクト、大容量で水に強い加工が施されています。驚くほど小さく、女性でも片手で持ち運びができます。また、防水規格IP44の評価を得ており、天候が変わりやすい山の環境でも壊れにくく、安心して使用していただけます。
https://shop.lacita.co.jp/products/citaeb01-sp

標高1,770m 雲海確率62%のSORA terrace へ続く「ウラ」側!世界最大級ロープウェイの機械室を巡る’’バックヤードツアー’’を開催!のサブ画像7_ENERBOX01-SPENERBOX01-SP

標高1,770m 雲海確率62%のSORA terrace へ続く「ウラ」側!世界最大級ロープウェイの機械室を巡る’’バックヤードツアー’’を開催!のサブ画像8_ポータブル電源「エナーボックス」ポータブル電源「エナーボックス」

◆SORA terrace (ソラテラス)
周囲を山で囲まれた地形が広がっており、雲が滞留しやすいため、雲海に出会える恵まれた環境となっています。また、日中に雲海が発生していなくても、夕方になるにつれ気温が下がることで、滞留している雲の高さが低くなることから、夕方の雲海発生率が高い要因となっています。
雲海が発生しやすい条件としては、日中との気温差のある朝や夕方の時間帯の他にも、夕立などの急な雨が降った後(翌朝)でも多く発生しており、2019年は62.4%、2020年は62%の確率(※2)で雲海が発生しております。
※2 竜王マウンテンリゾート調べ。1日の中で雲海が出た日を1カウントし、営業日数で割った算出。

標高1,770m 雲海確率62%のSORA terrace へ続く「ウラ」側!世界最大級ロープウェイの機械室を巡る’’バックヤードツアー’’を開催!のサブ画像9_雲海&サンセット雲海&サンセット

 

標高1,770m 雲海確率62%のSORA terrace へ続く「ウラ」側!世界最大級ロープウェイの機械室を巡る’’バックヤードツアー’’を開催!のサブ画像10_※2雲海発生率※2雲海発生率

◆SORA terrace cafe (ソラテラスカフェ)
テラスの隣には室内でゆったりとくつろぎながら雲の動きを見渡せるカフェがあり、ソファースペースをはじめ、テーブル席やカウンター席などの座席があります。こだわり食材を用いたフードメニューだけでなく、地元名産のフルーツを使用したスムージーや、雲をイメージしたフワフワの雲海マシュマロなど、オリジナリティあふれるメニューが雲の上で楽しめます。

標高1,770m 雲海確率62%のSORA terrace へ続く「ウラ」側!世界最大級ロープウェイの機械室を巡る’’バックヤードツアー’’を開催!のサブ画像11_SORA terrace cafeSORA terrace cafe

標高1,770m 雲海確率62%のSORA terrace へ続く「ウラ」側!世界最大級ロープウェイの機械室を巡る’’バックヤードツアー’’を開催!のサブ画像12_SORA珈琲SORA珈琲

◆SORA terrace営業情報
・営業期間
2022年4月29日~2022年11月3日(祝)  ※期間内運休あり                  
・営業時間
9:00~19:00  ロープウェイ:20分間隔で運行  ※10月3日以降は9:00~18:00                     
・料金
往復乗車券 大人(中学生以上)2,300円~  小学生1,200円~ ペット500円(7月9日~)
※未就学児は無料。
・アクセス
車:上信越自動車道 信州中野ICより約30分
電車:長野電鉄 信州湯田中駅より無料シャトルバス運行
・問い合わせ
https://ryuoo.com/green/

RELATED ARTICLES

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

Most Popular

Recent Comments